登場から四半世紀以上、ほとんど形を変えず人々に愛され続けている

セルビアの国民的シューズ 「 OPANAK 」。

セルビアの民族衣装である先が尖った革靴 ”オパナック”を作る工房の高い技術を持った職人ミタ・ガガとチェッキチ兄弟がブランドをスタートさせました。

 

シューズが革製の時代に、天然ゴム製のシューズを開発するという

当時としては画期的な試みでした。

水を防いで手入れが簡単、そして滑りにくいこのシューズは農家の間で大人気となり、

OPANAKはセルビアの「農夫靴」として国民的ブランドに成長しました。

クラッシックでありながら、現代のファッションにもフィットするデザインは

ファッショニスタの間でも注目されています。

 

© 2020 OPANAK JAPAN by BOWCLAP